ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

引きこもり体質の私が旅にどはまりした理由

こんにちは、社会人1年目です。

 

何よりもまず言いたいことは、今、「社会人」って打ったら、「シャ怪人」って変換されたこと。

 

 

 

 

 

さてさて、私はまあまあ引きこもり体質で、最近だと、休日は起きた瞬間から寝る瞬間までPCにへばりついています。

それでも旅好きで海外好き。またインドに行きたい!タイに行きたい!!と思ってうずうずしているのに、家に引きこもっていることも同じくらい好き。

自分でも不思議だけど、家にいることが好きだからこそ、旅が好きな理由を考えてみた!

 

まずは私の引きこもり度を測らってください。

作ることが好き

大学1、2年生の時は服飾が好きでそればかりやっていた。作りたい服の画を描いて、パターンに落とし込む。

起きた瞬間から寝る瞬間までずっと作っている。

ミリ単位で、縫うところを変えるだけで生地の広がり方が変わったり、楽しいよ~

あとは作ることでいうと料理も好き。

もはや家にいないとできないってか家にいるから発生した趣味。

 

ヨガが好き

最初は大学のジムに行ってたけど、慣れて覚えてしまえば家でもできる。

 

「ほんとに休日何もしないの?」

と言われた。いやいや、8時くらいには起きて、起きた瞬間からずっとpcいじってるし、ご飯作ったり、犬なでたりするし、いろいろやってるんだけどねー。

お金は使いたくないし、フェスとか興味はあるけど忙しい週末は過ごしたくない。

 

人に会うのは楽しいけど疲れる

色々な人に会いたい。たくさんの話を聞きたいけど、結構疲れるよね。好きなタイプの人にしか会わない人生ならとても楽だけど、そんなわけないし、グループで遊びに行くとどんな仲良しでも気を使う。

でもたまにならいいよ!誘ってくれないと悲しいし!!!

しかし、

 

 

一人ってなんて楽なんだー!

 

旅は最適な引きこもり場所だった

アジア旅なら全然お金使わないで過ごせる

宿は安いし、実家に住んでるからなおさらだろうけど、何にも邪魔されずいつまでも寝ている。

起きた時、「あれーーーー、ここはどこ?」みたいな。

 

のんびり起きて、100円とかの朝食セット頼んで、あー、今日は何しようかな…ってぼんやりする。

 どこに遊びに行くにしても、日本より電車賃高いアジアの国はないし、全般的にお金がかからない。

川辺でのんびりしてみたり、自転車でちょっと遠くに行ったり、小高い山に登って寝てみたり。

 

人との関りも自分のペースでできる

道を歩いていれば、現地の人に話しかけられて、暇つぶしができて楽しい。

宿に戻っても共用スペースに行けば他の旅行者と交流が起きることもある。

 

けっこうね、こういう人たち熱く語るんだよね。

 

 

それでもみんな旅行者なので、数時間後には発ってしまったり、一期一会の短い時間の関わり。

 

だから、結局一人

 

これ、寂しいっちゃ寂しいけど旅のいいところ。

話疲れたら、ちょっと観光してくるわーってさよならできるし、一人ベースの中で、色々な人が登場して熱いお話をするから。

 

一人で小説読んだり映画見て感動してるのと似てない??

 

こういう諸行無常なところも日本人として、儚くも素敵な時間に感じてしまうんだよね(笑)

 

 

一人でいながら沢山の学びがある

友達はいるけど、べったりじゃない。

彼氏はちょいちょいできるけど、長く続いたためしはない。だいたい自然消滅的に振られる。

 

旅も同じで熱い思いを持っていて、よりよく、自分らしく生きようともがいている人と出会うのは、ぐっと心に来る。

 

心から尊敬して、もっともっとこの人から吸収したいと思う。

 

 

しかし、熱い絆を感じたところでさようなら。また逢う日まで。

と言ってまだ会ってない人も沢山いる。

 

一人でいながら、沢山の素敵な人に出会えること、そして自分の生活環境の中だけでは到底思いもつかなかったことを考えさせてくれる。

 

色々な場所に行って歴史や文化を自分の目でみて知れる。

いやでも英語や各国の言葉を話すから、言語スキルがつく。

そんな環境に身を置けるから旅が好きなんだろうな。

 

 大学時代は、図書館と本屋をひたすらはしごするという過ごし方も好きだった。

それと似てるんだよね。日本では一人でひたすら本から吸収して、海外行ったら一人で実地で吸収。

 

自分らしくマイペースにたくさんのことを感じられる環境、旅が好き。

永遠に旅をしていたーーーい!!

  

 つまり

引きこもり体質を発揮しつつアクティブな心でいられるのが、旅という環境なのかな。