ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

インドで犬に噛まれた!病院に行く前にすぐにやるべきこと

インドはラジャスターン、プシュカルで、犬に噛まれた。

 

調べるうちに、発症したらほぼ100%しぬとか、死ぬとか、風が怖くなるとか、よだれ垂れ流しになるとか、しぬとか、、、、やばいことばっかりだと気づいたので、さすがにとてもとても怖くなって病院へ。

 

プシュカルのには病院は1つしかない

日本で予防接種はしていなかったので危険を感じた。

歩き方にはいくつか病院があるように書いてあったんだけど、実際歩いてみると、見当たらず、ぐるーーーーっと回って、ホテルのすぐ近くの病院に行った。

 

9時オープンとのことで、私が行った時はまだ開いてなかった。(ほんとに早朝噛まれた)

もしかしたら、いくつか病院があったけど、まだ空いていなかっただけかもしれない。

ただ、町人3人には病院の場所を聞いたが、全員同じ方向を指し示してくれた。


9時5分前くらいに、再び病院に行くと5人くらいすでに並んでいた。
私も並んだが、ここは安定の割り込みに会い、2~3人には抜かされた。インドだから仕方ないね。

 

受付の後、まず問診室で指導を受けた


・石鹸で15分以上流水で洗うこと
・これからは決まった日にちに合計5回、注射を受けること
・なるべく政府の病院に行くこと

 

そして別室に移動。噛まれた場所を聞かれ、シーパンの上から膝裏を噛まれたということを伝えると、注射一本だけ打って終了。

「お、やられちゃったね??」って程度で、


注射打った後は「いたくなかった??(o^―^o)ニコ」

 

と、なんだか和んだ雰囲気。

 

 

費用はたった10ルピー(17円程度)

しかし、このあと色々調べていくうちに、恐怖は増していった。

病院の最適な対応とは

注射は3種類打とう

私が行った病院は、WHOで推奨している通り5回の接種を指示した。 

しかし、WHOは「傷口をなめられた」などのような、小さな暴露以外では免疫グロブリンを打つことも推奨しています。
しかも、犬の口内に破傷風菌がいることもあるので、破傷風の摂取も推奨している。

 

私は自己免疫力を作るための全5回の摂取の一回目を受けたのみ・・・。(免疫グロブリンは受動免疫で、急速なウイルスの侵入に対処するためのも)

 ↓こっちで詳しく変えてあるよ。見てね!!
www.sjmoo9.site

 

私は1回に一本しかうっていなかったけど、3本は必要なんだね・・・。

 

しかし、免疫グロブリンは基本的にタイのバンコクやデリーといった狂犬病が闊歩している地域のうちの大都市にしか常備していない。日本は狂犬病自体今現在では撲滅されているし、基本的に常備していないらしい。

 

そして私が噛まれた「プシュカル」は鉄道も長距離バスも通っていない小さな町で、ヒンドゥーの聖地ということで有名なだけ。人口は私の住むベットタウンの10分の1(1万4000人)。そんなところに免疫グロブリンがあるわけもないもんね。

 

隣町アジメールに輸送してくれてもよかったんだけど(涙)

 

まあ、こんな小さな町なら、満点の対応ですね・・・。

 

ジーパンを穿いていて良かった

狂犬病ウイルスは感染している犬の唾液に含まれています。なので、唾液が傷口から体内に侵入することで、ウイルスもともに入ってくる。

しかし、ジーパンなど衣類の上から噛まれると、衣類が、犬の牙に付着している唾液をぬぐい取ってくれる!!

なので、牙が皮膚に刺さっても、直接噛まれるよりは皮膚に付着する唾液が少なくて済むのです。

 

ウイルスの侵入量が多ければ多いほど、私たちの抗体価も高くなければ発症を防げません。

なので、少しでもウイルス量が少ない方が、危険性は下がってくるのですね。

 

お医者さんは私がジーパンの上から噛まれたということを聞いて、グロブリンを打たなかったのでしょう!さすがの判断力!ダンネバート!!!!!

 

石鹸で15分以上洗い流す

これを病院で聞いた後、ホテルに戻ってやったけど、15分って長い。

2分間洗うのが限界だったな。お風呂に入って膝裏とかごく小範囲だけを15分とか長い間洗わないよね??

怖い怖いとは思いながらも「もう良くね??」と思ってすぐやめちゃった。

でも、後に、トラブルとか風邪ひいた時とか、何かのきっかけで不安な気持ちになったときに、「2分しか洗わなかったのが原因で発症したらどうしよう!!!」と後悔した。

どうせなんの予定もない暇な一日なので洗えばよかった・・・・・

皆さん、将来の自分が不安にならないように、できれば15分洗いましょう。

貧困層でも石鹸で十分に洗い流すだけで、注射が打てなくても防げているというデータもあります。

政府の病院は使い回しの針だよ~

病院に関してさらなる問題。私が行ったのは政府の病院。インドの研究をしているという韓国人に指摘されました。(涙)10Rsという破格の裏にはやはり理由があったのであった・・・。

お金のないインド人たちのために無料にしていると、薬剤はあっても、注射針の安全性というところにしわ寄せがくるのですね。

 

しかし、私の摂取した「ラビピュール」は針と薬剤がセットになっている、注射キットが箱に入っているので、病院が針を準備をする必要はありません。救われた。

 

病院では問診の時「政府の病院に通うように」と言われたけど、そのあとは少しお金がかかろうと、大きな私立病院に行くようになったのでした。

 噛まれたときまずやるべきこと

 狂犬病発症までのメカニズムを過去記事でも記載したとおり、噛まれた部位によっては、迅速な対応というのが、最も重要になってきます。

まず第一にやることは石鹸で十分に洗うことでしょう。

ウイルスの動きはとても遅いので、表面に付着しているうちに殺してしまいましょう。