ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

ベジタリアンの街で肉を食すには?インドでの処世術

先日、南インド、ティルバンナーマライにいきました。

南インドではよくあることだけど、こちらはベジタリアンの街。

 

南インド料理はミールスというランチセットを頼むと大きなバナナの葉っぱに大量のご飯と、7種類ほどのカレーをのせて出してくれます。

 

f:id:sjmoo9:20170918194617j:plain

最初からかなりの量なのに、何かがなくなると、どんどん継ぎ足してくれる。

 

先に7種類の内のひとつのカレーを食べきってしまうと、そこに継ぎ足される。

カレーが多目に余って、ご飯が割合的に少なくなるとご飯を足してくれる。

 

終わりが見えませんね。

 

終わらせるためには、絶妙にすべてを少しずつ、同じペースで食べないといけない。

ヨーグルトもカレーと並んで同じような小さなお皿に並べられるけど、以外とすべて混ぜて食べるのもすごく美味しい!

辛いスパイス、香り高いスパイスが混ざるだけでもおいしいけど、ヨーグルトが混ざるとマイルドになって違ったおいしさになる!

ヨーグルトも、はちみつやジャムだけでなく、しょっぱいご飯ものとも会うものですね。

 

 どうあがいても量が多すぎて結局私は残しちゃうけど・・・。(笑)

 

 

はち切れそうな位満腹になること必須です!

 

ミールスも観光・異文化交流のひとつとして、ぜひ経験したいものですね。

 

ベジタリアンでいる日々

私は一時期ベジタリアンをしていたこともあり、肉を食べないことに抵抗もなく、しばらくはなくても大丈夫だと思っています。

 

しかし、耐えられない人には耐えられない。

 

連れのバングラデシュ人は南インド入りして3日、

「肉~、、肉が....足りない....肉食べたい....」

と、

 肉を探し求めていた。

 バングラデシュイスラムなので鶏、牛、羊、バッファローは常食しております。

 

オートの運ちゃんに聞いてもなかなか知っている人はいない。

ホテルのレセプションに聞いても知らないという答え。

 

バングラ人は考えた。

 

イスラムはどこにでも一定数いる。

と、いうことは、彼らに聞けば肉が食べられる場所が見つかる!

モスクに行こう!!!

 

 

しかし、最も近いモスクはティルバンナマライから30kmの場所。

バングラ人がっかり・・・・。

しかし、めげずにオートのドライバーに聞いたところ意外とすぐに見つかった。

 

 

この辺りにあった。

 

というか、あれ、地元民に聞いてもわからなかったけど、たぶん目の前にモスクあった。

 

こちらのレストラン、すっごい蠅飛んでて、薄暗かったけど、バングラ人ウキウキ過ぎた。

 

オーナーはムスリムの様で、ムスリム帽子被っていた。

 

ベジタリアン地域で肉を食べるには

ムスリムを探すべし!

モスクを探すべし!

 

おいしいかどうかはともかく、これを基準に考えれば肉にはありつけるかと思います。