ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

ノリで決めるには重大すぎる?国際結婚について思うこと

こんにちは、私は、もうすぐ24歳になります。

 

ご縁があり、バングラデシュにパートナーがおりまして、あっち行って、あっちがメインになるのかもしれない。

 

色々な人の意見を最近聞かせてもらっていて、自信がなくなったりもする。

 

わかっている。

人の意見で自分の意思を大きく変えることはないし、意見は意見。

自分の考え方の自分らしさや、保守的な道を選ばない自分の意思を、再認識できるきっかけとなる。

 

それでも見えない未来に不安がないと言えば嘘になる。次に日本に帰ってくる理由はポジティブなものであって欲しい。

 

バングラデシュ人と結婚する理由、私が仕事としてやりたいこと、人生でやりたいことはなんだろう??

を文字に起こしてみる。

なぜバングラデシュ人か

ブルゾンちえみではないけど、ただ単に35億分の1の素敵だと思った人がバングラデシュ人だった。

出会い

2016年12月末、私がインドを旅している時、バングラからインドに入ったという日本人にバングラの話を聞いたら、ローカルを紹介してくれるということになって、知り合った。

たった14日しか一緒に過ごしていない

その後連絡を取って7日間、バングラでお世話になった。

最初は特になんとも思わなかったけど、村を訪れて、家族や親族、村の人たちととてもいい関係で、特に子供を大切にしてるところが素敵だった。人として。

日本の村は高齢化が進んで活力をあまり感じられないけど、バングラの村は子供がたくさんいてすごくパワフル。 

 

そしてこの間、沢山の話をした。星空を眺めつつ(笑)

 

色々な話をしたけど、なぜか、どんな家族を作りたいか、こどもにどんな生活をさせたいか、そういう話もしていた。それがとても私の理想と合っていて、「この人と結婚したら幸せな家族を築けそうだな~」っと軽ーく思っていた。

 

バングラを去って、6か月間は時々電話したり、メッセージしたりって程度。

 

そしてこの8月に南インドで再会!

穏やかで広い心で、人々への愛で満ちている。キリスト教的に言えば隣人愛。彼はイスラムだけど。(笑)この人となら一生一緒にいても大丈夫。

 

自分のビジネスはしたいけど、お金持ちになっていい暮らしをしたいからではない。助けを必要とする人の、少しでも力になりたくて、自由に使える時間とお金を持ちたい。

 

 

人生を決めるのはその人自身。

一緒に暮らしたい、私にバングラに来てもらいたいとは言っても、自分のせいで私に夢をあきらめさせたり、負担にはなりたくないからってなにも強要はしない。

バングラ人を日本に呼ぶには250万円程所持しており、仕事がしっかりあることを証明しないといけない。

 

しかし結婚は早いだろ・・・

ってすごく思う。冷静に考えて、日本人だとしても14日しか実際会ていない人と結婚するって、ありえない!と思う人もいるでしょう。

私も彼も結婚は早いと思っている。こんなに早く結婚するつもりなんてなかった。しかし、理由はイスラム教のためです。

イスラムでは未婚の男女が二人だけでいることもダメ。ましてや一緒に暮らすなんて、イスラム法に反しまくっている。

 

我々が一緒にいるにはインドに暮らすのもいいけど、どちらかの国にいるほうが生きやすい。節約の仕方もわかっているし。私がバングラに行くか、彼が日本に行くかだったたら、私がバングラに行く方がかなりハードルが低い。

 

そしてもともと、仕事を1年くらいしたら、また旅するか、インドで仏教や農業を学ぶかしようと思っていた。だから、バングラに行くことは私にとっては大して決断の方向を大きく変えることではなかった。

 

一緒に暮らすとなったら、イスラムとして、結婚するしかなかった。

だめだったら離婚すればいいだろうし。イスラム法でもバングラ法でも離婚は簡単。

したくないけどね!!!!!!

 

なんで最貧国に23歳女子が住む?

毎月、家賃1万!(水道電気込)、食費5000円!(私は腹が弱いので二倍を見込み10,000)

こんな安価な生活日本じゃできないよね。CNGバングラのタクシー)など見積もって月25,000円だとしても非常に安い。年間30万で生きていける。

※ちなみにインドとネパールを2か月旅した時は、自由に行きたいところいっぱい行って、月4万だった。

 

スキルも何もないけど、チャンスと時間と気力、若さはある。

バングラで自自由な時間を最大限に使って、ビジネスを立ち上げたい。

商材はなんでもいい。

 10万あれば小さなビジネスを十分に立ち上げられる。

仕事を辞める・始めることと結婚が混ざっている

仕事はバリバリしたい。小さくても起業して、自分の信念を形にして頑張りたい。

そして、結婚もしたい。

 

私にとってこれらは平行線であって交わるものではなかった。

しかし、1人の人生なのだから、交わらないわけがなく・・・、結婚して素敵な家庭を築きたければ、仕事のことも考えなければならない。

 

今、私が思うことは、ここ!

・日本での仕事を辞める

バングラに行って結婚する

 

この二つはお互いの不十分な理由を補っているよう。

それぞれに逃げ道を与えてしまっている感じ。

今の会社を辞めたい!ってネガティブな思いを隠すために、バングラに行って仕事をするという理由を作る。でもどんなビジネスをするかはわからない。

 

今のところ、不安定なネット収入に期待するしかない。

商材を探したいけど、モノを扱うだけのお金が本当にあるのか。

 

そして行った先のバングラには私を呼んでいる男性がいる。

私は結局は男性に頼ってしまう女性。

 

そういうストーリーも簡単に出来上がってしまうんだよな~。

 

頼っているわけではない。結局インド行きを少し早めて、行先も、より共感できて自分を呼んでくれている人がいる国に変えるだけ。首都からインドまでたった12時間の国

 

うーーーーん、弱い・・・。

 

もう少し仕事続けてみれば?

そう・・・。お金もないし。

10月いっぱいでバングラに行くとしたら、わたしの貯金はたったの55万円・・・の予定。

少ないね。100万貯めたらやめようと思っていた。

 

でも自分の将来の目標と違う方向に頑張っても、無駄な忍耐と努力な気がする。

この忍耐が私の将来に大きく役立つと私が信じていれば、頑張る。しかし、そんなこと1mmも思えない!

 

もちろんこの会社で学べることはあるけど、ここでしか学べなくて私の将来を形作るものはない。

 

 

う~ん。もう頑張りますしかいえない!

若いから、結婚もビジネスも失敗したら、お金を作りに日本に戻ってくる!

いつか、できる限り早く自分のビジネスや信念を形にするために、お金を作りに日本に帰ってくる。

 

若さを武器にがんばるぞ~。