ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

大好きな大好きな母が私たちの前に中絶していたと知った。

両親が結婚前、中絶を選んでいたらしい。

生まれられなかった赤ちゃんと、母がその後どういう気持ちで生きてきたかを考えて悲しくなる。

他と正確に比べらんないけど、うちは両親の仲は悪くはなさそう。

私は母を小さいころから大好きで、母も私が大好き。

遠くに行かないで~って

いろんな国を自由気ままに旅してた私にいつも言ってた。ちょっとミャンマー・タイあたりに旅行行くって時も泣きそうな顔で、止められた。

どこの親でも娘が海外に一人で行ったら不安なんだろうけど。

あと、結婚相手は日本人が良くて、理由はいろいろ100個くらい上げてたけど、とにかく、母の近くにいてほしいらしい。

近くにいれば何でもいいらしい。

 

大切に大切に育てた娘なんだから当たり前かな?

幸せになってほしいと思うだろうし、私の幸せは母の幸せにもなるだろうし(但し、近くで私の幸せを目視確認できる場合のみ)、母の幸せとは私がずっと近くにいつも通りの調子で、笑顔でいること。

 

私の外国人彼との結婚騒動で、その母の希望は判明したのだけど、まあ、私がしばらくは日本…というか近所に住めばいい話とわかって少し安心。

そして私の外国人彼とのでき婚騒動で判明したのが母が中絶した話…相手は私の父。

 

友達の中絶の話は聞いたことあって、その時はびっくりしたけど、「辛かったね…」という感じで、ぐっと相手の気持ちを推し量ったりした。友達が、彼氏(友達?)がいつもコンドーム使ってくれなくて妊娠したらどうしよ~やだ~って話たときは一緒に「不安だねー」って少し笑いながら自分の話もしたりして、いつもの女子トークってだけだった。

でも、親が、中絶したことある、結婚する前に一回…っていうのは思いがけずすごくショックで、気付かないうちに涙が流れていた。これは、私が妊娠していて、「赤ちゃんの〇週の様子」とかって毎日更新されるアプリ見てるからもう成長を感じてしまっているからだと思う。

今はまだ、私も中絶可能な時期で母はこのくらいの時に堕胎したのかなって重ねて考えてる。2週間前の検診で心拍も確認出来て、アプリの説明によるとぐんぐん毎日赤ちゃんは成長してる。この状態で中絶なんてもう立派なhuman killer (日本語で書くと生々しい気がした…)。

親の中絶理由は今日聞いたのに覚えていないけど、たぶん入社したてで仕事何もできないちんちくりんが大先輩(?)はらませたなんて世間体が悪すぎて、仕事も続けられなくなるとかそんなんだと思う。

 

中絶なんて誰がするんだ??どこの誰が?ネット上のどっかの誰かのブログとかニュースとかではそういう話をたまに見るけど、それをする人の顔や性格なんて想像できないし、実態のない文字上だけの出来事のような気がしていた。

それを、自分の大好きな母が経験していたなんて。

 

こんなことを母の日に聞いてしまうという悲劇。

近くに住んでいる兄が母にケーキを買ってきてくれて、私がリビングに行くと母はテーブルでいつもの場所でうれしそうに食べてた。

兄は近くに立って、うろうろして犬をなでたりしながら、ケーキ食べている母と談笑。

父母、結果的に、近くにいて愛してくれるいい息子が生まれて良かったね。

 

この私の兄は最初にできた命の弟で、私は三番目だったというわけ。

一番最初の兄か姉が生まれることはなかったし、どの様に考えても両親は生むことはできなかったのかもしれないから、こう考えるのは無駄かもしれないけど、もし、一番最初の兄か姉が生まれていれば私は生まれていなかっただろうな。三人目になっちゃうから。

そしたらなんだか苦しい気持ちになってる私を堕胎しておいてほしかったな…なんて。

誰でも「産んでなんて頼んでないわ」とか「は~生まれていなかったら」とか、人生嫌になっちゃう時あるよね?

精子なんて毎日数えられないほどじゃんじゃん作られて、卵子も毎月一個できるから、二度と同じ人間はできない。でもだからこそ今の日本では簡単に捨てられて、奇跡なんかでもないのかもしれない。

同じ両親から1000人生まれれば1000通りちがうのだし、それが当たり前と考えれば、魚が一気にたくさん生まれてたくさん淘汰されてしまうのと同じように考えられる。

 

そしてこんなに悲しくなるわけは、母が堕胎した後に私たちに沢山愛を注いで育ててきた一瞬一瞬を母の立場で想像し、そしてその愛を受けられなかった最初の子がかわいそうに感じるから。

母のお腹のなかで、母に包まれてプワプワ気持ちよく浮かんでいたら、突然何かに邪魔された。こんなやさしい母に出会えなくてかわいそう…。父と母が家を買って私たちそれぞれに部屋を与えてくれて私好みの服を買ってくれた。

わたしはよく、日本人は恵まれているな~私は本当にいい環境に生まれたな~って思うけど、本当だったらこれを受けるはずだった兄or姉は受けられずに、早々に天に帰った。