ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

男と女と、途上国と先進国の、フラストレーション

夫と私について。

 

夫の顔や見た目は別に好きじゃないけど、初めて会ったときからこの人と一緒に暮らしたら幸せそうだな~とか、家族を持ったらステキな幸せな家族をつくれそう

 

と思っていた。国民性なのか、家族を大切に子供を特別な存在に考える傾向がある。IT畑で働いているのに原始人の様な暮らしをしていて、祖父が作った泥でできた家を大切にして、自然の中で暮らしている。

 

私は各大都市まで自宅から30分程度の首都圏に暮らしてきたから、そういう原始人的な生活にあこがれるのだ。

 

そうやって、あれよあれよと宗教的にな理由もあり、まあさっさと結婚したわけだけど、発展途上国ムスリムの考え方と、ウエスタナイズされた大先進国日本とでは考え方が違うのだろうか、と思った。

  • 一人でも何でもしたい
  • やりたいことぜーんぶやりたい
  • 考えたいことは考えたい

一人旅通算20ヵ国以上して、やりたいことしたいから自分のやりたいことに忙しい。哲学好きだから?ねちねち考えるのはやめられない。夢は沢山あるけど、結婚、子供欲しいってのもあって、それが先に来た。

  • ビジネスしたい
  • 家族欲しい
  • 家族養いたい
  • 奥さんが家事やるって文化的固定観念?がある
  • 奥さんはかわいくお家にいてほしい

たぶんこれを本人に言ったら、違うよ!!!ってなんか反論されるだろうけど、でもそう聞こえるの。わたしには頼りたくないってことよく言うし、男としてそういう心意気を持ってくれているのは、心強い。一般的に女の方が、家事とかには気が利いて(丁寧で?)よくやる場合が多いのだろうからそういってくれると何かとスムーズに生活進むかな、とも思った。夫、几帳面とは言えないし。

夫は家事もやるけど、国の文化的に女性がやるべき女性の仕事って、本気で思っているようで、家事分担とか、頭では理解していても男性は上手にできなくて当たり前なのか、あまあまテキトーなのだ。

 

なんか、最近は全部、私がやりたいこと抑え込んで、夫の人生の一部になることを甘んじて受け入れてしまっている気がする。結婚で人生終了ということ

ムスリム遠距離恋愛は結婚しかない

セックスだけが愛ではないけど、セックスは愛を深める行為ではある。したら、もっともっと深くつながりを持ってるように感じる。愛をかんじる。でもムスリムはそれが基本的にダメ。結婚前の同棲とかも勿論NGだから、異国の地に来て別居とか無理だし、さっさと結婚しよってなる。

それでもいいけど、私はあと3年くらい自分のすきなことしていたかった。若いころの3年って短いようだけど体力あるし、十分好きなことできる。しかし、夫は途上国の人、日本になんて簡単に来れないし、ほか先進国に行くのも大変。そして私を手放したくなかった。わたしも夫の国にいかないと会えないなんて大変めんどくさい。結婚一択。

結婚して別居なんてそんな形態おかしい。そりゃそうだけど、私の希望どうなるの。あなたの国に私のやりたいことは現状ない。

結婚したら私のやりたいことできないんだ。

ずっと夫についていかなきゃいけないのか。

信頼できる日本人

夫には信頼できる日本人がいる。いつも色々な情報をくれて、手助けしてくれて、とってもスペシャルパーソンというかんじ。

その人の生き方は別に私の理想とかじゃないけど、自分でビジネスやって、24時間働くように動いていて、やりたいこと精一杯していてきっと充実してる。

夫とその人は結構な信頼関係にあり、夫の世界は日本のことは全般その人、家庭については別世界として私が存在している。変な知識入れ込まないで、というのは違うけど、夫はかなり信頼しているようで、何か提案されて、私に嬉しそうに報告するということがよくある。

根本原因は私とその日本人の考え方がちょっと合わないこと…だと思う。そんなこと言うと、二人とも私のこと子供っぽい現実を見ていないとかいうのだろうけど。

私は、地位が欲しい、お金が欲しい、でかい家が欲しいなんて思いはないし、都会でガツガツ働くなんてしたくない、無理。日本の働きすぎ社会も無理。

アジアのゆっくりした空気、優しい人間らしさがただよう世界であくせくせずにゆったり暮らしたい。これは幻想の場合も大いにあって、海外暮らしが必ずしも私に合っているなんてことはなく、行ってみれば各国問題は持っている。日本の文化は大好き。地元にいると言いようのない安心を感じる。

コンフォータブル!な人・場所と共にくらす

これが一番大切なことだと思う。・・・・・愚痴は絶えず出てくる。欲もなければどんなに楽かと思っても、欲しいもの、欲しい人生、理想という名の欲は常に移り変り私の心を支配する。

いい人は沢山いても私の考えと相いれない、少しづれているという人は沢山いてそのような人の方が多い。

別に大した人生は望まないから、私の好きなようにさせてほしい。

住宅ローン35年も負って35年以上頑張って住みたくない。

とりあえず3年の就業で、意味のないスキル付けて捨てなくていい。

外国フラフラしているのが非現実的という人は、その先に今満足した生活送っている人にその言葉を言ったらいい。

 

たぶん、経済的に将来のこと見据えて考えたらまっとうなんだろうけど、木と石と土で作ったお家でいい。壊れたらまた作るくらいでいい。社会人スキルあったら楽なのかもしれないけど、無かったら自給自足すればいい。

都会でお金に縛られたくない。都会の小さな部屋で、水・電気・ガスの供給がとまり、野菜や肉、食品の搬送が止まったら窮地に立つのみ。

自分がやったことないこと、考えて無謀だと思ったことを「それは非現実的だよ」というのは説得力ない。あなたの人生辿ったらいいの?それは全部試したあととか、死んだ後に言って。

受け入れられないことは受け入れられない。コンフォータブルな人だけ接していたい。短い人生、あえて嫌な人が絡む生活はしたくない。