ページ単位の広告最適化広告

永遠に旅

だいたい旅してる。いつかどこかにたどりつくために。

配偶者ビザの提出資料は目的を4つに分けられる

この前ついについに、在留資格認定証明書交付配偶者ビザと呼ばれる)の申請をしてきました。

法務省在留資格認定証明書交付申請書に関するホームページでは必要書類は11記載されているけど、(11番目は必要に応じだから、正確には10種類?)結局提出した書類の枚数は50数枚となりました…!

しかも市役所でもらう戸籍謄本や住民票はそれ1枚だけで分厚いので、資料全部集めてその厚さ見ると、がんばったな~とか、変な達成感を感じてしまいます(笑)

書類はなぜこんなに多いのか!!

50枚とか、卒論かよってくらいの厚さになるかと思います。私は卒論書いたことないんでなんか、噂という根拠による予想です。

それぞれの書類がなぜ必要なのか、集めていて、記入していてほんとに意味が分からなくなりますし、質問書の結婚に至る経緯についての説明書なんて堅苦しめのラブストーリーという感じで、改めて読むと「自分、なに語っとんねん・・・」とこっぱずかしくなります。

しかし、全ての書類には意味があるから提出しなきゃいけないんですね~

必要な書類は以下11項目

とりあえず、法務省のHPのコピペ

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通

2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
※ 申請前3か月以内に正面から撮影された無帽,無背景で鮮明なもの。
※ 写真の裏面に申請人の氏名を記載し,申請書の写真欄に貼付して下さい。

3 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書) 1通
※ 申請人との婚姻事実の記載があるもの。婚姻事実の記載がない場合には,戸籍謄本に加え婚姻届出受理証明書の提出をしていただきます。
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。

4 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通
※ 申請人が韓国籍等で戸籍謄本が発行される場合には,お二方の婚姻が記載された外国機関発行の戸籍謄本の提出でも差し支えありません。

5 配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明書(1年間の総所得及び納税状況が記載されたもの) 各1通
※ 1月1日現在お住まいの市区町村の区役所・市役所・役場から発行されます。
※ 1年間の総所得及び納税状況(税金を納めているかどうか)の両方が記載されている証明書であれば,いずれか一方でかまいません。
※ 入国後間もない場合や転居等により,お住まいの区役所・市役所・役場から発行されない場合は,最寄りの地方入国管理官署にお問い合わせ下さい。
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。

6 配偶者(日本人)の身元保証書[PDF] 1通
※ 身元保証人には,日本に居住する配偶者(日本人)になっていただきます。

7 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し 1通
※ 個人番号(マイナンバー)については省略し,他の事項については省略のないものとするようお願いします。
※ 発行日から3か月以内のものを提出して下さい。

8 質問書[PDF] 1通
※ 平成29年6月6日に様式を改訂しています。新様式による提出をお願いします。
      各国語版はこちら
9 スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)2~3葉

10 392円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒
※ 返信用封筒には,あらかじめ宛先を記載して下さい。

11 その他
(1) 身元保証人の印鑑
※ 上記6には,押印していただく欄がありますので,印鑑をお持ち下さい(提出前に押印していただいた場合は結構です。)。
(2) 身分を証する文書等 提示
※ 上記(2)については,申請人本人以外の方(申請が提出できる方については,こちらのページを参照して下さい。)が申請を提出する場合において,申請を提出できる方かどうかを確認させていただくために必要となるものです。

※ このほか,申請いただいた後に,当局における審査の過程において,上記以外の資料を求める場合もありますので,あらかじめ,ご承知おき願います。

これを私は4つの目的に分けられると考えます。

それはすなわち

  • ただの申請のためのもの
  • 結婚の事実証明
  • 経済力の証明
  • 真実の愛の証明

以上4つです。

一般的に配偶者ビザ申請で必要なことは「日本である程度は生きていくことができるだけの経済力があること」「偽装結婚などではなく2人の愛に基づく婚姻であること」この2点と言われています。

ここを納得してもらえるように説明するのが肝の様です。私がお話していることも同様、上記4つのうち上二つは作ろうと思えばいくらでも作れますので申請の大前提となるのでしょう。だから、下二つを十分に説明して、日本に迷惑かけませんよ~、日本に住んで金稼ぐ(稼がす)為ではなく、愛してるからの婚姻ですよ~ってことを納得してもらうのです。

では4つを細かく見ましょう。

ただの申請のためのもの

1 在留資格認定証明書交付申請書 1通
2 写真(縦4cm×横3cm) 1葉
10 392円切手(簡易書留用)を貼付した返信用封筒
11 その他

※申請書は法務省のHPにPDFとexcelあるんで手書きでもexcel打ち込みでもOKのようです。

 結婚の事実証明

3 配偶者(日本人)の方の戸籍謄本(全部事項証明書) 1通

4 申請人の国籍国(外国)の機関から発行された結婚証明書 1通

日本で生活していけるだけの経済力の証明

5 配偶者(日本人)の住民税の課税(又は非課税)証明書及び納税証明

6 配偶者(日本人)の身元保証書[PDF] 1通

7 配偶者(日本人)の世帯全員の記載のある住民票の写し 1通

真実の愛の証明

8 質問書[PDF] 1通

9 スナップ写真(夫婦で写っており,容姿がはっきり確認できるもの)2~3葉